オレンジソックスとは



私たち、オレンジソックスは精神障害者と健常者の人たちが交流できる場を提供するため、東京都東久留米市で2009年2月14日に発足しました。

元々は精神障害者のみで構成されていたフットサルのメンバーたちが、「このまま同じメンバーで活動していても社会にも馴染めないし、成長もしない!」と一大決心をし、健常者の人たちを自ら誘いだし、新たにゼロからチームを作り上げました。
現在は施設や病院に属さず、自発的に集まったメンバー達のみで活動しています。

オレンジソックスでは、精神障害者と健常者がお互いに枠にとらわれることなく交流を深めるとともに、精神障害を抱える人たちがオレンジソックスの活動により、日常生活において住みやすい環境を自ら作っていけるようにしていくことを主な目的としています。

現在は、東久留米市とその地域周辺に在住・通学・通勤している人たちで構成されており、男女ともに20代から40代までと幅広く、平均週1回の活動をしています。

フットサルが主な活動内容ですが、フットサル以外にもバーベキューや様々な活動を通じてメンバー全員が楽しくコミュニケーションを図っております。

また、2009年度は試みとして、東久留米市の川の掃除やお祭りにスーパーボール売りの出店者(ボランティア)として地域の行事活動に参加したり、Jリーグのサッカー観戦やフットサルの試合にも初参戦、そして他のフットサルチームとも交流を深めており、試行錯誤しながらも誰もが向上できる場を提供しようとしています。

今後も、フットサル活動を中心にオレンジソックスはチームとしてもメンバーひとりひとりの人間としても成長していきます。

また、私たちはチームの設立からまだ日が浅く、運営に関してはまだまだ未熟です。
今後の発展のため、運営などに関する知識がある方がおりましたら、アドバイスや情報などを頂ければ幸甚に存じます。

私たちオレンジソックスに興味がある方、お気軽に問い合わせください。

そしてぜひとも一度参加してみてください!!!

新たな風、お待ちしております。


オレンジソックス 一同